健康増進のためにはじめた水泳

健康増進のためにはじめた水泳

健康増進とちょっと痩せたらうれしいなという軽い気持ちで水泳を始めました。家の近くの市民プールなので、ひとりで適当に泳いでいました。ストレッチをしてから入水。ウォーミングアップにビート板をつかったバタ足を100m。平泳ぎを100〜200m。その後は20〜30分間ノンストップでクロール。スピードは50mを70〜80秒くらいのゆっくりです。給水をしながら2〜3分休憩して、さらに15〜20分ゆっくりクロールをする。これくらいの運動量を週に3〜4日行っていました。体重も体脂肪も全く減りませんでしたが、予想外にバストに張りが出てきました。水泳を始めて3週間ぐらいで大胸筋が今までと全然違います。大胸筋が発達したのでバストの位置が上がります。フワフワの柔らかいバストというよりは垂れなさそうなしっかりしたバストになりました。胸板がしっかりしているので服を着た時にはバストアップしたように見えます。また、ブラジャーで段になりやすい脇のあたりの筋肉もかなり発達しました。筋肉がついて引き締まったので脇のハミ肉が気になっている人にはよく効くのではないかと思います。さらに肩こりも解消されました。水泳は肩などの上半身をとてもよく動かすので血行がかなり良くなります。それに伴って脇や鎖骨、首などのリンパの流れも良くなり老廃物も排出されたのではないかと思います。水圧を受けながらバタ足もするので夕方の足のむくみも解消されました。水泳はかなりおすすめです。

 

バイトアップ体操というのは

 

世の中にはバイトアップ体操というのがあります。これは色々と方法がありますが、胸を中心として筋肉トレーニングのような物です。前に腕を組んで、そして、右左と体を左右に動かします。これで効果があるとされています。もう一つは純粋に腕立て伏せがあります。腕の広げる幅ですが、肩幅異常であったほうがよいです。胸を意識してやることが重要です。この場合は乳房ではなく、胸筋になりますから勘違いしない方がよいでしょうがそれでも十分にメリットがあります。後は効果をより強くするために栄養価を意識するべきです。その一つにプロテインがあります。プロテインといいますとどうしてもボディビルダーのような人が飲むもの、というイメージがありますが、実はそんなことはないです。とにかく、しっかりと栄養素は摂ることです。プロテインを運動をする前に摂取することがかなり役に立ちます。これは成長ホルモンの促進に影響があることになりますから、即効性があるわけわではないですが、効果は期待できます。もう一つ、お勧め出来るのは亜鉛になります。他にもアルギニンやビタミンなども大事になります。要するに体に良い物は基本的にはよいでしょう。それがバストアップになります。


このページの先頭へ戻る