バストアップ 豆乳

同じ豆乳でも効果が違う!飲むタイミングも!

バストアップ豆乳

「バストアップには豆乳が効果的」なんてことを聞いたことがある方って多いのではないでしょうか?モデルの中でも「豆乳でバストアップに成功した」なんてブログに公表する方もいて、その効果は確かなものだと分かります。ですが、単に豆乳を飲むだけでは駄目なのです。
豆乳と一言に言っても、たくさんの種類があります。

 

一般的なのは、無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料とあります。調整豆乳と豆乳飲料に関しては、コンビニなどで目にしたことがある方がほとんどなのではないでしょうか?実はこの名前の違いって、豆乳のメインの栄養素であり、女性ホルモンであるエストロゲンと同様に働いてくれる「豆乳イソフラボン」がどれくらい含まれているかの違いでもあるんですね。最も多く含まれているのが無調整豆乳、その次が調整豆乳、その後が豆乳飲料という順番です。どうせ豆乳を飲むのであれば、多く含まれる商品を購入するようにしましょうね。

 

また、飲むタイミングも重要なポイントです。最も豆乳イソフラボンを体に取り入れやすい時間帯は「朝」です。量としては1日コップ1杯程が好ましいと言われています。朝食時に飲むだけなので手軽ですよね。他にも豆腐などから摂取しても良いですよ!

 

バストアップに有効な食べ物

 

バストは体の一部なので、美しいバスト作りには、日ごろから栄養バランスのとれた食事をすることが重要です。その上で、バストアップに効く食材を摂っていくと、さらに効果的です。

 

バストの土台は、タンパク質が作ります。筋肉や血液のもととなりますので、バストアップに欠かせない栄養素ですね。
特にカロリーが低くタンパク質が豊富な鶏肉はおすすめです。鶏からで胸を大きくしたという人がいるくらい、バストアップと縁の深い食材です。

 

植物性タンパク質がたっぷりの大豆類も、積極的に摂りたい食材です。タンパク質だけでなく、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用のある大豆イソフラボンも含まれているので、バストアップに有効です。豆腐や納豆、豆乳、きなこなど、いろんな大豆類を上手に摂っていきましょう。

 

そして乳製品もおすすめです。タンパク質やバストを大きくする脂肪分もふくまれますし、母乳作りの器官であるバストを大きくするには、乳製品がピッタリなのです。牛乳やチーズ、ヨーグルトをたくさん摂取しましょう。

 

ボロン(ホウ素)という成分は、エストロゲンの分泌をサポートする作用があるため、よくバストアップサプリに使われています。そのボロンを多く含むのが、キャベツや海藻類、リンゴ、梨などです。これらも意識的に摂っていきましょう。
ボロンは熱によって破壊されるデリケートな成分なので、生のまま食べることができるサラダやスムージーなどにするといいですね。

 

バストは一日にしてならず。栄養に気をつけて、効率的にバストをアップさせていきましょう。

 

バストアップに必要なことについて
育乳日記決定版|私の育乳


このページの先頭へ戻る